バンドに欠かせない楽器「ギター」!日本が誇るギタリスト特集!

ギターは楽器の中でも人気の高い楽器です。

その音色は、楽曲の世界観をより深めてくれます。

 

そんなギターをこよなく愛し、技術に秀でたギタリストを紹介したいと思います。

楽曲を聴く際に、メロディだけでなく、それぞれの楽器のも心を寄せるとまた深みが増しますよ。

 

布袋寅泰

1981年にBOØWYのギタリストとしてデビュー。

リズムを意識した「カッティング奏法」は、楽曲にキレとスピード感を演出しています。

現在では、活動拠点をロンドンへ移し、世界的に活動を行っているギタリストです。

 

布袋寅泰 / HOTEI – 「DON’T GIVE UP!」

 

MIYAVI

『激しく、パーカッシヴなタッチのスタイル』が特徴のギタリストです。

ピックを使わない「スラップ奏法」を使い、グルーヴ感あふれる演奏を実現しています。

国内だけでなく、北米/南米/ヨーロッパ/アジア/オーストラリアなど、約30か国300公演以上のライブを成功させる実力派ギタリストです。

 

MIYAVI Guitar Slap

 

高崎晃(LOUDNESS)

世界レベルで高度な早引きが特徴で、タッピングのテクニックを持っているギタリストです。

また、速弾きの中でもメロディーはしっかりとしており、その技術は高く評価されています。

アメリカの世界的バンド「MEGADETH」の来日公演にゲストとして招待されたこともある実力派です。

 

LOUDNESS & FRIEND LIVE 2020

 

松本孝弘(B’z)

ギターは速弾きが評価されがちですが、松本孝弘さんはそうではなく、『メロディーセンスとトーン』で評価されているようです。

「#1090~Thousand Dreams~」は、ミュージックステーションのテーマ曲として使用されています。

 

Tak Matsumoto / Waltz in Blue

 

Char

Charさんは、『ロック/ジャズ/フュージョンなど、幅広いジャンルの楽曲を手掛けている』というところにあります。

その幅広さから、唯一無二のギターサウンドが誕生し、独特のグルーブ感やリズム感を作り出しています。

下記の動画は、かなりかっこよく仕上がっていますよ!!

 

「Crossroads」 ~ 「Livin' in Tokyo」 from 生ZICCA CONCERT #4

 

 

DAITA(元 SIAM SHADE)

1995年にSIAM SHADEのギタリストとしてデビュー。

『速弾きやタッピング』などの高いテクニックで評価されています。

また、変拍子などの複雑なリズムにも対応できるところが特徴です。

 

DAITA Melodicfall

 

安藤正容(T-SQUARE)

1978年にTHE SQUAREのギタリストとしてデビュー。

学生時代にはジャズを中心に学んでいたとのことで、その安定したギタープレイが評価され、T-SQUAREの作曲を担当していました。

動画は、一番有名なF1グランプリのテーマ曲「TRUTH」をアップしています。

 

T-SQUARE「TRUTH」@「HORIZON」発売記念限定ライブ

 

大村孝佳

「速弾きが得意な若手メタルギタリスト」として注目されているギタリストです。

現在はバンド「C4」「LIV MOON」のギタリストとして活動しながら、世界的に人気のあるヘビメタグループ「BABYMETAL」のバックバンドとしても活動しています。

「BABYMETAL」の動画もありましたので、併せて紹介しますね。

 

Takayoshi Ohmura – EC 02. Never Surrender (Live @ Shibuya REX)

↓BABYMETAL

BABYMETAL – YAVA! – ヤバッ! (KAMI BAND SOLO) [LIVE PROSHOT]

 

春畑道哉(TUBE)

1985年にTUBEのギタリストとしてデビュー。

『速弾き/スウィーブ/タッピング』が高いレベルで演奏できるギタリストです。

紹介している動画は、プロ野球中継のテーマソングとして起用されている「Jaguar」です。

 

Bu-JAGUAR'13"Live2013"_Michiya Haruhata 春畑道哉

 

ROLLY(元 すかんち)

1990年にロックバンド「すかんち」のギターボーカリストとしてデビュー。

以前はバラエティー番組などにも出演されていましたが、ご存じでしょうか?

豊かな表現と個性的なキャラクターで奏でる音色は、かなりエモく、心に響きます。

 

ROLLY’S ROCK ROLLY Presents 小川文明記念集会 アーカイブあるよ!

 

Leda(Far East Dizain)

メタルバンド「GALNERYUS」のベーシストとして活躍した後、2008年V系バンド「DELUHI」のギタリストとしてデビュー。

『速弾き』は、若手V系ギタリストNo.1の腕前と言われています。

現在では、先に紹介した「BABYMETAL」や「Acid Black Cherry」など、数多くのアーティストのサポートとして活躍しています。

 

Leda Cygnus Solo Evolution

 

高見沢俊彦(THE ALFEE)

「THE ALFEE」のギタリストとして活躍しているギタリストです。

派手すぎる風貌や、エレキギターも特徴のひとつです。

音程の上げ下げの幅が大きく、早く独特の音色が特徴です。

 

Takamizawa Toshihiko – Tsukihime

 

米川英之

1980年代に大人気だったバンド「C-C-B」のメンバーとしてデビュー。

その後、バンドが解散した翌年からソロ活動をスタートさせました。

現在も、ミュージシャンとのセッションユニットに多く参加し、また、ソロとしての活動を継続させています。

 

La Siesta

 

押尾コータロー

押尾コータローさんは、ギタリストの中でも少数派のアコースティックギター専門のギタリストです。

『オープン・チューニング/スラッピング/タッピング』を駆使し、ファンを魅了します。

奏でるメロディは、どこか哀愁が漂っているような、優しくしみわたるような、そんな温かさを感じさせます。

 

押尾コータロー 『ナユタ』

HISASHI(GLAY)

GLAYのギタリストとして活動中のHISASHIさん。

その活動範囲は、GLAYのみには収まらず、「rally」や、ボーカルにTAKAHIRO(EXILE)さんを迎えた「ACE SPADES」にも参加。

様々なコラボを実現しているギタリストです。

 

GLAYメドレー HISASHI本人
更新通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments