おすすめのクラシック音楽

クラシック音楽は元々、人々を癒すために教会で生まれました。

その後、エンターテイメントとして、人々を癒し続けながら現代まで受け継がれてきました。

 

しかし、残念なことに、現在ではクラシック音楽を聴く人が減っていると言われているのです。

もちろん、クラシック音楽に癒しの効果が無くなってしまったわけではありません。

 

そこで今記事では、お勧めのクラシック音楽を紹介したいと思います。

モーツァルトの音楽が、音楽療法に最適と言われているように、クラシック音楽には人を癒す不思議な力があるのです。

その神秘的な旋律に、癒されてみてはいかがでしょうか?

四季「春」/ヴィヴァルディ

ヴィヴァルディの代表作であり、また、クラシック音楽の中でも特に有名で人気のある曲です。

「はじまり」を感じさせるメロディは、さわやかな朝を演出してくれます。

A.ヴィヴァルディ「バイオリン協奏曲集「四季」Op.8 春」第1楽章  徳永二男(Vn)/渡辺睦樹(El)

アイネ・クライネ・ナハトムジーク/モーツァルト

モーツァルトの作品の中で、最も広く愛されている曲。

軽快なリズムが特徴のこの曲。聞いているだけで楽しい気持ちになってきます。

W.A.モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調 K.525

運命/ベートーベン

この曲について「運命は、こう扉を叩く」と語ったベートーベン。有名なジャジャジャジャーン♪です。

この曲が持つ力強さは、イライラの解消などに一役かってくれることでしょう。

L. v. ベートーヴェン / 交響曲 第5番 ハ短調「運命」作品67

アヴェ・マリア/シューベルト

シューベルトの歌曲のひとつ。伸びやかで美しい旋律は、今でも人々の心を癒してくれます。

悲しみを抱えた時に聞くと、そっと寄り添ってくれるに違いありません。

Ave Maria, F. Schubert – Anastasiya Petryshak

トロイメライ/シューマン

「トロイメライ」とはドイツ語で、「夢のような」「夢見ごこち」という意味です。

文字通り、心地よいメロディが睡眠を誘発してくれそうです。

トロイメライ/子供の情景7.Op.15/シューマン/Traumerai/Kinderszenen7,Op.15/Schumann/クラシック ピアノ/classic piano/CANACANA

ノクターン/ショパン

日本では「夜想曲」と表記されており、その言葉から「曲の美しさ」を感じることができます。

日曜の午後、優雅なティータイムを演出してくれることでしょう。

ショパン:ノクターン 第2番

別れの曲/ショパン

「世界で最も美しい曲」と言われている別れの曲。

自身の別れの時はもちろんのこと、ちょっとリラックスしたい時に聞くと癒されます。

別れの曲 エチュード Op.10-3/ショパン/Chopin Etude Op.10 No.3/ピアノ/クラシック/Piano/classic/CANACANA

ラ・カンパネラ/リスト

初めてファングッズを販売したと言われているリスト。

その曲は情熱的で、美しく、女性の心を虜にしたと言われています。

【祝!20万人】ラ・カンパネラ/リスト/ピアノ/La Campanella/Liszt/Piano/CANACANA

愛の夢/リスト

穏やかで、メロディの美しさが際立つ作品。

バレンタインの時期に聴く人も多いようです。

愛の夢(リスト*解説付き)ピアノ弾いてみたシリーズ③

G線上のマリア/バッハ

「音楽の父」と呼ばれているバッハ。

不安定で寂しさを連想させる不協和音に触れることで、ストレスの解消に繋がるでしょう。

J.S.バッハ / 管弦楽組曲第3番 BWV1068「G線上のアリア」

 

更新通知
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments